最高のコンディションを維持するドルトムント

普段の栄養管理で体のキレを増やした。

2016-17シーズンまで、ドル卜厶ン卜では試合後、クリー厶系のパスタを選手に出されていたが、すぐにへルシ—なメニューへ変更。ボルシアMGとの開幕戦後、シュメルツァーがニンジンを3本持つて出て来たことが現地メディアで話題になつた。

また外皮と胚芽を取り除いた通常の小麦は血糖値を急激に高めるため、バンもパスタも全粒粉のものに切り替えた。白米を玄1に変えるようなものである。砂糖をなるべく取らないようにも訴えた。

この結果、シュメルツアーは5kg、フンメルスとギュンドアンは4kgのダイエッ卜に成功した。香川真司も自然食のエコショップに通い、食材にこだわるようになったとインタビューで語つている。

欧州中を見ても、これだけフイッ卜ネスにこだわつているクラブは少ないだろう。ギュンドアンは「最初は味に違和感があつたけどすぐに慣れ、体がキレるようになつた」と感謝している。

その最高のコンデイションをもとに、どんなサッカーをするのか。逆説的だが、トゥへルがドル卜ムン卜でまずはじめたのは「走りすぎないサッカー」だった。

戦略的な「応用」のオプションを増やしていく

2016-17シーズンまでドル卜ムントはユルゲン•クロップ監督(現リバブール監督)のもとで、運動*|#富なエネルギツシユなサツカーでファンを魅了した。相手のビルドアップに対して高い位1からプレスをかけ、自分たちがボールを失ったら瞬時に囲い込んで奪い返そうとする。後者の切り替えのときのプレスは「ケンプレシング」と呼ばれ、クロップの代名詞になった。

だが、体力の消耗になるとミスが増えるという欠点があった。ミスをすれば、ボールを取り戻すためにさらに体カ浪費する。そんな負のスバイラルに落ちってしまった。そこでトゥへルはドル卜ムントの監督に就任すると、「速い切り替え」と「激しいゲーゲンプレツシング」というクロツプの良さを残しながら、よりボゼ ツシ3Aに重きを置くサッカーへとシフ卜させた。

自分たちがボールを持つ時間が長くなれぱ、相手追いかけ回す時間が短くなり、より攻撃にエネルギーを使えるようになるからだ。たとえばトウヘルは、選手たちにこんな指示与えた。「左サイドバックのシュメルツアーが不利な状態にいるときは、他の寒手にパスを出すよIつにしよう」

シュメルツアーは、左足の鋭いクロスという絶対的な武器がある反面、右足でのボールの扱いを苦手にしている。2016-17シーズン、バスコースが限られた状態でボールを受けると、苦し紛れにバスを出して危険な場面を作ってしまうことがあった。卜ゥヘルは分析でその問題に気がつき、チームメイトに協力を呼びかけたのだ。その結果、シュメルツのパス成功率がアツブした(2014—15シ—ズン後半戦は72・4%だったが、2016-17シーズンは80%を超えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です